close

塗装設備・塗装ブースの専門メーカー アンデックス株式会社
ENGLISH

PANELON パネロン

HOME › フィルター › PANELON パネロン

必要なサイズで1枚からご注文承ります。

  • 一般再生フィルター ML410RF
    ml410rf
    難燃性

    厚さ20mmの給気フィルターです。
    難燃性があり洗浄再生可能です。

    種類 一般再生フィルター
    品番 ML410RF
    厚み(mm) 20.0±3.0
    原反(m) 1.6×20
    風速(m/sec) 2.5
    圧損(Pa) 93~
    捕集率(%) 82
    材質 ポリエステル/アクリル系
    詳細を確認する
  • 一般再生フィルター ML310RF
    ml310rf
    難燃性

    厚さ15mmの給気フィルターです。
    難燃性があり洗浄再生可能です。

    種類 一般再生フィルター
    品番 ML310RF
    厚み(mm) 15.0±2.0
    原反(m) 1.6×20
    風速(m/sec) 2.5
    圧損(Pa) 65~
    捕集率(%) 76
    材質 ポリエステル/アクリル系
    詳細を確認する
  • 一般再生フィルター ML200RF
    ml200rf
    難燃性

    厚さ10mmの給気フィルターです。
    難燃性があり洗浄再生可能です。

    種類 一般再生フィルター
    品番 ML200RF
    厚み(mm) 10.0±2.0
    原反(m) 1.6×30
    風速(m/sec) 2.5
    圧損(Pa) 55~
    捕集率(%) 70
    材質 ポリエステル/アクリル系
    詳細を確認する
  • 一般再生フィルター ML150RF
    ml150rf
    難燃性

    厚さ7mmの給気フィルターです。
    難燃性があり洗浄再生可能です。

    種類 一般再生フィルター
    品番 ML150RF
    厚み(mm) 7.0±2.0
    原反(m) 1.6×50
    風速(m/sec) 2.5
    圧損(Pa) 30~
    捕集率(%) 60
    材質 ポリエステル/アクリル系
    詳細を確認する
  • 給気二次フィルター ML305XF
    ml305xf
    難燃性

    トリコット付きの給気2次フィルターで、フィルター自体の繊維の落下を防止しています。

    種類 給気二次フィルター
    品番 ML305XF
    厚み(mm) 18.0±3.0
    原反(m) 1.6×20
    風速(m/sec) 0.5
    圧損(Pa) 35~
    捕集率(%) 98
    材質 ポリエステル
    詳細を確認する
  • 給気二次フィルター ML320XF
    ml320xf
    難燃性

    表面にフィルムは付いていませんが、2層密度勾配構造でコストパフォーマンスに優れています。

    種類 給気二次フィルター
    品番 ML320XF
    厚み(mm) 18.0±3.0
    原反(m) 1.6×20
    風速(m/sec) 0.5
    圧損(Pa) 35~
    捕集率(%) 98
    耐熱温度(°C) 80
    材質 ポリエステル
    詳細を確認する
  • 塗装ブース用 ML170XF 2層タイプ
    ml170xf
    難燃性

    ML170XF 2層タイプ8mm厚のフィルターです。
    風速1.0m/s付近で使用します。

    種類 塗装ブース用
    品番 ML170XF
    厚み(mm) 8.0±2.0
    原反(m) 1.6×20
    風速(m/sec) 1.0
    圧損(Pa) 40~
    捕集率(%) 92
    材質 ポリエステル
    詳細を確認する

集じん効率の測定方法

集じんの効率は空気清浄機の性能を表すのに最も重要な数値です。集じんの効率の測定方法には、対象とする浮遊粉じん粒子の大きさにより3種類の方法があります。

  1. 質量法 試験対象品に供給した粉じん量のうち補集した粉じん量を測り、効率を求める方式です。粉じん量は、坪で坪量した質量を求めます。主に10μm以上の粒子を対象とする、祖じんフィルタの試験に用いられます。
  2. 比色法 試験品の上流側粉じん濃度と下流側粉じん濃度を測定して、その割合から集じん効率を求める方法です。粉じん濃度の測定には、ろ紙上に粉じんを採取し、ろ紙の光学密度を吸光光度測定法を用いて測定し、粉じん濃度(質量濃度)に換算します。主に粒径1μm~10μmの粒子を対象とする中性能フィルタの試験に用いられます。
  3. 計数法 比色法と同じく試験品の上流側粉じん濃度と下流側粉じん濃度を測定してその割合から集じん効率を求める方法です。但し粉じん濃度の測定に光散乱式自動粒子計数機を用いて個数濃度で求めます。主に1μm以下の粒子を対象とする高性能フィルタ、電子式空気清浄機の試験に用いられます。

ASHRAE質量法捕集率について

質量法捕集率はASHRAE試験じん埃を供試フィルタに通過させ、絶対フィルタに捕集されたじん埃をもとに算出します。その公式は以下のとおりです。

質量法捕集率を求める試験装置の概略図
試験用ダスト15種

燃焼性試験法について

「燃焼性試験法JACA No.11A-2003」とは、60秒間供試フィルタ端末を規定の試験条件で炎にさらし、燃焼速度および残炎時間、残じん時間、溶融滴下物による発火、燃焼距離を測定し、ろ材燃焼性の評価を行う方法です。

燃焼速度計算式(クラス1の評価)
  1. 残炎あるいは残じん燃焼等の損傷部分の先端が125mmの標線を超えた場合は、燃焼速度Vを次の式によって計算する。
    燃焼速度計算式
  2. 残炎あるいは残じん燃焼等の損傷部分の先端が60mm標線を超えたが125mmの標線を超えない場合は燃焼速度Vを次の式によって計算する。
    燃焼速度計算式
  3. 5個の試験片についての平均値を計算する。
クラス分類
クラス1 クラス2 クラス3
燃焼速度 V(mm/min) 40mm/min以下(≦40) 適用外 適用外
残炎時間(s) 適用外 4/5が2s以下(≦2s)
1/5が10s以下(≦10s)
4/5が2s以下(≦2s)
1/5が10s以下(≦10s)
全試験片の残じん時間(s) 適用外 30s以下(≦30) 30s以下(≦30)
溶解落下物による標識用綿の発火 適用外 あり なし
全試験片の燃焼距離 Ld(mm) 35mm以上(≧35) 35mm以上(≧35) 35mm以上(≧35)
注)4/5:5個の試験片のうち4個
1/5:5個の試験片のうち1個